「コンセント増設」の記事一覧

分電盤交換工事 単相3線式

317PV

Blog コンセント増設 分電盤工事
分電盤交換

分電盤交換工事 単相3線式の交換工事を行いました。   古いブレーカーの場合、漏電ブレーカーの故障で頻繁にブレーカーが落ちたりする場合がございます。 十数年たっている場合は、分電盤交換をお勧め致します。回路増設工事や一般的に説明が難しい工事も多くありますが、 ご不明な点や理解の難しい工事はお伺いをさせて頂き、ご説明させて頂きますのでお気軽にご相談ください。 単相3線線や単相2線など色々と言われても、一般的には分からないのが普通です。 ご自分の電気設備がどのような環境なのかもある程度把握しておくと、今後便利な事も多くありますので、ご不明な点は、電話でもメールでもお気軽にお問合せください

コンセント交換工事 キッチンはアース端子が必要です。的確な電気設備を

445PV

Blog コンセント増設
コンセント交換

コンセント交換工事 古いコンセントを交換致しました。30年前のコンセントもまだ使用されている方もあります。パーツの劣化にり安全でない場合もありますので、交換をおすすめいたします。 また、プラグ接続部分が緩い、プラグの周りが割れている場合は、感電・漏電の原因になりますのでお早めに交換をおすすめいたします。 弊社では、Panasonic製品を主に使用しております。 Panasonicコスモワイドシリーズコンセント・スイッチに交換致します。 フルカラーシリーズもご用意しております。 札幌でコンセント修理、スイッチ故障の事ならお気軽にお問合せください。    

キッチンコンセントの増設工事

346PV

Blog コンセント増設
コンセント増設工事

キッチンコンセントの増設工事 キッチンの冷蔵庫を置く場所にコンセントが無いとの事で、コンセントの増設を行いました。マンションでは、天井裏に空間や壁内部に空間がある事が多いので戸建て住宅よりは、比較的スムーズに増設工事を行うことが出来ます。 内部に空間があるので、配線が露出しないので、仕上がりがすっきり仕上がります。 まれにご希望される場所によっては、一部壁紙を剥がして仕上げ材を壊して配線する場合もあります。 配線を通す作業は、アナログ作業なため手が届く事や電線が通る隙間があらかじめあることが前提です。   キッチンに冷蔵庫用コンセントの増設工事  冷蔵庫用のコンセントは、あらかじめ高

コンセント増設工事

318PV

Blog コンセント増設
コンセント増設工事

コンセント増設工事200V電圧  200V仕様のオーブン設置のため、200Vコンセントの増設工事を行いました。 200V回路の場合は、100V回路と異なりアースの設置や分電盤から直接配線する事が条件になっているため、配線経路を事前に調査させて頂きます。 場合によっては、分電盤自体の交換が必要になる場合があります。 200Vで感電すると大事故に繋がることもありますので、注意が必要です。 200V器具 IHヒーター、電気温水器、エアコン、コンロ、電気ストーブなどが一般家庭では多くあります。 コンセント回路を増やすことによって、全体の電力会社との契約容量を上げなければならない場合もあります。 &nb

外部コンセントの増設工事

374PV

Blog コンセント増設
外部コンセント

外部コンセントの増設工事 融雪マットなどの使用により、外部にコンセントが設置されていない場合は、増設工事が必要です。電気容量やご利用内容によって金額が異なりますので、お見積致します。 使用される電気設備の電気容量により、分電盤から直接配線増設するか、近くのコンセント回路から分岐増設するかで、金額が大きく変わります。あらかじめ使用される電気設備機器の容量(電力)を調べておくとスムーズです。 ※大容量の機器では、分電盤から直接回路増設を致します。 (エアコンや融雪ヒーター、温水器など) 構造によっては、大掛かりな工事になる場合もありますので、事前に調査をさせて頂きます。     外部コンセントの増

コンセントの設置、固定工事

735PV

Blog コンセント交換 札幌 コンセント増設
コンセント設置工事

緩んでいるコンセントやスイッチは、漏電や配線が外れたりする場合もありますので、しっかりと固定されていないと安全ではありません。 日常使用されているコンセントのゆるみなどを点検をおススメ致します。     コンセントやスイッチを固定する際に、下地となっている壁が極端に破損している場合などは、一部壁の補修が必要となるケースもありますので、 お見積させていただきます。 極度に力が力が加わったりすると壁のボードまで損傷してしまうこともあるので注意が必要です。  

トイレコンセントの増設工事 札幌市中央区

903PV

Blog コンセント増設
コンセント増設

使いたい場所にコンセント付いてますか? 今日は、トイレ壁にコンセントの増設を行いました。 ウォシュレットや便座ヒーターなどの設置の際に必要になります。昔のマンションなどではトイレにコンセントが付いていない場合もあります。コンセントが必要な場所に配線するために事前調査を行っております。配線方法や分岐回路の選定を行ってから、コンセント増設工事を行っております。     新居に引っ越すとき、新築住宅を建てるとき、案外皆さん電気設備まで目が行き届かないのが現状です。僕は、引っ越す時は、まず分電盤を一番先に確認します。 分電盤を確認する事で、その家の電気設備、回路数、容量UPの将来性